お問合せ先:
info@ashimotokenko.com

プロフィール

現 職 :

株式会社アステム 執行役員 メディカル営業本部 事業開発担当部長

略 歴 :

1983年3月
神戸大学 経営学部 経営学科 卒業
1983年4月
藤沢薬品工業株式会社 入社 大阪支店勤務
1987年4月
慶応義塾大学大学院 経営管理研究科(慶應ビジネススクール)入学
研究室 田中 滋 教授(医療政策、医療経営、医療サービス)
1989年3月
同 大学院 卒業(MBA取得:経営管理学修士)
1989年4月
藤沢薬品工業株式会社 東京本社 経営企画室勤務
1995年4月
在宅医療事業部を提案、事業部創設 企画部 事業企画担当課長
(在宅中心静脈栄養法、在宅酸素療法、在宅人工呼吸療法、睡眠時無呼吸症候群治療の事業立上げ運営)
1998年10月
慶応義塾大学 医学部 研究員 兼務
(医療政策・管理学教室 池上直己教授)
2000年4月
在宅医療事業部 新事業開発室 主査
2002年8月
藤沢薬品工業鰍退職、慶應義塾大学医学部研究員退任
2002年9月
ミレニア・ウンド・マネジメント鞄本支社 支社長 就任
2004年5月
(日本法人を設立)(株)ミレニア 創傷ケア事業部 事業部長
(治療マネジメント事業:創傷ケアプログラム、認知症早期発見プログラム、訪問看護プログラム)
※創傷ケアプログラム:米国の足病外科医と症例ごとに連携し、全国20病院の創傷ケアセンターを各病院内に立上げ、その運営支援・症例ごとの治療マネジメントを日本の責任者として実施。
全センターが共有する詳細な症例データベースによりエビデンスに基づく治療を支援し、6年間で5,000名(創傷数12,000個)の慢性創傷治癒率78%、宣告された大切断の回避率76%の成果をあげる。
2008年12月
(株)ミレニアを退社
2009年4月
(株)アステム 執行役員 機会創造部長 就任
2010年4月
特定非営利活動法人「よりよい地域医療を応援する会」
理事・事務局長(兼務)就任
2011年4月
(株)アステム 執行役員 メディカル営業本部 事業開発担当部長

学会・研究会 :

慶応義塾大学経営管理学会会員
日本病院管理学会会員
日本フットケア学会会員
日本下肢救済足病学会会員 ほか

        

活 動 :

  • ・NPO「在宅かかりつけ医を育てる会」理事(1997年発足時〜)
  • ・NPO「より良い地域医療を応援する会」理事・事務局長(2010年発足時〜)

論文・著書 :

  • ・在宅中心静脈栄養法の入院と在宅のコスト比較
  • ・在宅中心静脈栄養法の労務費分析「MBA10人の提言」
  • ・「始めよう在宅医療21」 ほか

現 職 :

医療法人 福岡大学病院 リハビリテーション部

略 歴 :

2002年1月

(有) 石打プロスキースクール スキー教師(非常勤)

2007年4月
学校法人 中村学園大学 一般体育(非常勤 助手)
2009年4月
学校法人 中村学園大学 一般体育(非常勤 助手)
2010年4月
学校法人 福岡大学 医学部(ポストドクター)
2010年9月
公立大学法人 福岡女子大学 一般体育(非常勤 講師)
2013年4月
学校法人 福岡大学 基盤研究機関 身体活動研究所(ポストドクター)
2014年4月
医療法人 福岡大学病院 リハビリテーション部(医療技術属託)
2015年4月
医療法人 福岡大学病院 リハビリテーション部(医療技術職員)

資格 : 

高等学校教諭専修免許状【保健体育】
(財) 健康・体力づくり事業財団【健康運動指導士】

(財) コアコンディショニング協会【ベーシックインストラクター】

博士号【スポーツ健康科学 博士】    

所属学会・研究会 :

American College of Sports Medicine(米国 スポーツ医学会)

Clinical Exercise Physiology Assosiation(米国 臨床運動生理学協会)

日本 心臓リハビリテーション学会
九州 心臓リハビリテーション研究会
日本抗加齢医学会
日本肥満学会

社会活動 学会活動 :

  • 福岡西部生活習慣病運動療法研究会 世話人(2012年12月〜)
  • NPO法人 足もと健康サポートネット 社員
  • 第15回日本抗加齢医学総会 ローカルプログラム委員

賞罰:

2006年度 福岡大学スポーツ科学部 修士論文発表会 優秀発表賞

2014年度 福岡大学病院 【ベストパートナー賞】

その他:

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 健康運動実践指導者養成講習会 (講師)

日本スロージョギング協会資格認定講座(講師)
福岡大学 市民カレッジ「ホノルルマラソンを完走しよう!」(講師)
地域元気アップスポーツ体験事業 スロージョギング教室(講師)

著書・コラムなど :
(2012年1月〜)

  • 1)実践!「心臓リハビリテーション」 第二章 運動機能評価と運動処方の実際 4. 運動処方に用いる各種トレーニング方法 (2015年)
  • 2)あなたのペースでできる!スロージョギング&スローステップ C運動強度をリフレッシュ! 日本糖尿病協会, さかえ(2015年4月号)
  • 3)春季増刊 糖尿病患者100人の足から学ぶ フットケア実践BOOK, 糖尿病ケア(2015年)
  • 4)あなたのペースでできる!スロージョギング&スローステップ B歩く速度で走る!スロージョギング! 日本糖尿病協会, さかえ(2015年3月号)
  • 5)あなたのペースでできる!スロージョギング&スローステップ Aニコニコペースの見つけ方! 日本糖尿病協会, さかえ(2015年2月号)
  • 6)あなたのペースでできる!スロージョギング&スローステップ @運動療法の原則を抑えて、効果的な運動を! 日本糖尿病協会, さかえ(2015年1月号)

論文など :
(2012年1月〜)

  • 1)心疾患患者のホームエクササイズの提案 〜Slow Walking & Turnの検討〜. 心臓リハビリテーション, 2015年
  • 2)心臓リハビリテーション施行患者における唾液アミラーゼ測定の有用性. 臨床と研究, 2015年
  • 3)福岡大学病因における心臓リハビリテーション開始3年間の実績と今後の課題. 臨床と研究, 2014年
  • 4)特定保健指導による生活習慣の是正が腎機能改善に及ぼす影響. 腎と透析, 2014年
  • 5)特定保健指導による行動変容がメタボリックシンドロームの改善に及ぼす影響. 厚生の指標, 2014年
  • 6)Effects of lifestyle modifications on improvement in the blood lipid profiles in patients with dyslipidemia. Journal of Metabolic Syndrome, 2014年
  • 7)Lifestyle intervention involving calorie restriction with or without aerobic exercise training improves liver fat in adults with visceral adiposity. Journal of Obesity, 2014年
  • 8)Effects of Cardiac Rehabilitation in Patients with Cardiac Resynchronization Therapy. Experimental and Clinical Cardiology, 20:5, 3565-3568, 2014年
  • 9)Impact of a cardiac rehabilitation program on cardiac function after acute myocardial infarction. Experimental and Clinical Cardiology, 20:5, 3561-3564, 2014年
  • 10)Aerobic exercise attenuates the loss of skeletal muscle during energy restriction in adults with visceral adiposity. Obesity Facts, 7:1, 26-35, 2014年
  • 11)集団型指導と個別型指導による減量支援の効果の比較. 健康支援, 15/2, 1-6, 2013年
  • 12)特定保健指導による行動変容がメタボリックシンドロームの改善におよぼす影響. 厚生の指標, 2013年
  • 13)The product of heart rate and heart sound amplitude as an index of myocardial metabolic stress during graded exercise. Circulation Journal, 77, 2736-41,2013年
  • 14)心臓リハビリテーションのすすめ. 日本内科学会雑誌, 102/10, 2723-2732, 2013年
  • 15)高血圧に対する効果的な運動療法 高血圧の運動療法の歴史. 臨床スポーツ医学, 29/11, 1089-1095, 2012年

講演など :
(2012年1月〜)

  • 1)運動の基本をおさえて即実践!糖尿病の運動療法. 第40回唐津糖尿病カンファレンス, 唐津赤十字病院(佐賀県:2015年1月26日)
  • 2)運動強度が効果を決める!〜糖尿病運動療法のポイント〜. 福岡東糖尿病連携セミナー, そぴあしんぐう(福岡県:2014年12月2日)
  • 3)福岡大学 お昼の運動通信 〜彩りある人生に運動療法を!〜. 糖尿病 Luncheon Web 講演会, 福岡ヒルトンシーホーク(福岡県:2014年12月2日)
  • 4)運動療法の原則 〜運動強度を見極める!〜. 第39回4地区合同糖尿病を語る会, ももちパレス(福岡県:2014年11月26日)
  • 5)正しい運動について学ぼう! 〜効果的な運動とは〜. 第16回糖尿病および合併症予防のための講演会「目指そう!アンチメタボ・アンチエイジング!」, 福大筑紫病院(福岡県:2014年11月16日)
  • 6)運動療法が人生を決める! 〜FITTの原則〜. 愛を語ろう糖尿病勉強会, 愛野記念病院(長崎県:2014年11月1日)
  • 7)糖尿病の運動療法 〜予防から臨床まで〜. 第1回糖尿病アカデミー, 福岡国際会議場(福岡県:2014年10月26日)
  • 8)科学の力で賢く減量. 社員研修会, リアンアカデミー大濠(福岡県:2014年10月12日)
  • 9)筋力トレーニング. 第3回日本下肢救済・足病変学会 九州・沖縄地方会 学術集会, JR九州ホール JR博多シティ(福岡県:2014年10月11日)
  • 10)健康に歩く! 〜足の血管を大切にしよう〜 歩くことから始めよう! 〜運動療法が人生を変える〜. 第13回学んで予防!福大病院健康セミナー, 福岡大学病院 メディカルホール(福岡県:2014年9月18日)
  • 11)高血圧・心臓病予防のための生活習慣病について. 平成26年度健康づくり推進員研修, 朝倉市地域生涯学習センター(福岡県:2014年6月25日)
  • 12)運動療法の効果とポイント 〜Simple Exercise〜. 中部地区医師会学術講演会, 中部地区医師会館(沖縄県:2014年5月30日)
  • 13)運動による生活習慣病対策 〜肥満や糖尿病の予防〜. アクティブ宣言! 〜動いて回避、糖尿・肥満!〜. 第9回学んで予防!福大病院健康セミナー, 福岡大学病院 メディカルホール(福岡県:2014年4月17日)
  • 14)寝たきり予防のために 〜いつでも どこでも エクササイズ〜. 第8回学んで予防!福大病院健康セミナー, 福岡大学病院メディカルホール(福岡県:2014年3月)
  • 15)運動継続のために 〜最新トピックス〜. 朝倉市ステップリーダー研修会, 朝倉地域生涯学習センター(福岡県:2014年3月)
  • 16)効果を引出す糖尿病の運動療法 〜How to Exercise〜. Diabetes Expert Seminar, アルカスSASEBO(長崎県:2013年11月)
  • 17)糖尿病の運動療法 〜Exercise is Medicine〜. 第36回筑紫糖尿病・内分泌アーベント, 筑紫医師会館(福岡県:2013年11月)
  • 18)実践!糖尿病の運動療法 〜効果を出すFITTの原則〜. 第36回ももち会, 福岡大学セミナーハウス(福岡県:2013年10月)
  • 19)転倒予防の為のエクササイズ(第1部/第2部). 福岡市介護実習普及センターフェスタ, 福岡市民福祉プラザ(福岡県:2013年9月)
  • 20)メディカルフィットネスセンターでの運動療法の実状と効果. 第1回福岡西部生活習慣病運動療法研究会, 福岡大学病院メディカルホール(福岡県:2013年9月)
  • 21)当メディカルフィットネスセンターにおける生活習慣病患者の栄養指導と運動指導について. 第8回福岡西部内分泌・糖尿病ネットワーク(F-WIND), ホテルニューオータニ博多(福岡県:2013年7月)
  • 22)効果的に無理なくできる運動. 臨床検査と市民のつどい, 福岡大学病院メディカルホール(福岡県:2013年6月)
  • 23)健康維持とウォーキング. 第9回日本整形靴技術協会学術大会 市民公開講座, JR博多シティ会議室(福岡県:2013年2月)
  • 24)実践! 糖尿病患者の運動療法. 実地医家のための糖尿病セミナー, ホテルオークラ福岡(福岡県:2013年1月)
  • 25)心臓リハビリテーションのすすめ - 運動生理学の視点から-. 日本内科学会 第300回九州地方会 専門医部会教育セミナー, 九州大学医学部百年講堂(福岡県:2013年1月)
  • 26)運動継続のコツ. 朝倉市ステップリーダー研修会, 朝倉地域生涯学習センター(福岡県:2012年11月)
  • 27)心疾患患者における安全な運動療法 当メヂィカルフィットネスセンターでの運動プログラム. すぐに役立つ糖尿病管理セミナー, 福岡大学病院メディカルホール(福岡県:2012年11月)
  • 28)大学病院のフィットネスセンターが担う運動療法プログラム. 2012年日本水泳・水中運動学会, 福岡大学病院メディカルフィットネスセンター(福岡県:2012年10月)
  • 29)減量支援現場における集団指導と個別指導の有用性 : 食事指導と運動指導それぞれの立場から. 第13回日本健康支援学会年次学術集会, 筑波大学(茨城県:2012年2月)
  • 30)運動の効果と実践. 第34回ももち会, 国立九州医療センター(福岡県:2012年6月)

特許など :

特許:
1. 中心血圧測定装置, 心臓負荷測定装置, 中心血圧測定方法および心臓負荷測定方法. 特開2012-016450(2012年1月)
2. 心音測定装置, 至適運動強度測定装置, 心音測定方法および心音測定プログラム. 特開2009-297106(2009年12月)